スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/29 竹原 前半

ブログのバナー部分を憧憬の路で撮った写真にしてみました。

そのために背景を真っ黒に変更

目には優しいサイトだと思う、たぶん


そんなこんなで最終日

P1020039.jpg
どこの海上だ!

P1020043.jpg
なんか島見えてきたぞ

P1020048.jpg
あっあれは!!


P1020051.jpg

P1020053.jpg
前回ラストでネタバレしてましたが宮島です

パワースポットですね

とはいってもゆっくり充電できる時間は無く

午後の新幹線の時間に合わせて動きます

P1020058.jpg

お土産屋さんの中を通ると誘惑いっぱい

美味しそうな物がたくさんあります

P1020060.jpg
やっぱり海目の前だからなのかなんちゃら天ってのが多い

僕はつくね店を注文

これがとても美味しい!

お祭りの出店感覚でトコトコ進む

P1020062.jpg
(´・ω・`)

P1020065.jpg
アップの鳥居

この写真撮った時はいませんでしたが

小船で鳥居の真下まで行くことができるようです

潮が満ちてる時でも近くにいけるんですねー

P1020069.jpg

P1020072.jpg
ほんとこの朱色が綺麗で・・・

写真の腕があればもっとそのまま表現できるのにとちょっと残念

まぁこういうのは本物見るに限りますが

P1020074.jpg
写真はありませんがタイミングが良かったのか結婚式をしていました。

新婚さんは二人とも美男美女でとても絵になってましたなぁ

すっごいデレデレで見てるこっちまで恥ずかしかったよ

P1020079.jpg
おみくじ引いてみましたが・・・

方角西良しって書いてるじゃん

広島来てよかった




ここらで電車の時間が近くなってきたので駅周辺でご飯

P1020089.jpg
とろろ蕎麦食べました

これがまた美味しい

別に蕎麦食べなれてるわけじゃないから味に関しては良く分からないんだけどね

家で食べる何倍も美味しかったので、蕎麦にはまりそうです




そして母とは広島で別れ僕は再び竹原に。

当初はそのまま一緒に帰る予定だったんですが

二日目夜にほり川でお好み焼きが食べれなかったのが相当ショックで・・・

別に今夜バイトも無いしってことで夜までのんびりすることに

ほり川はランチ時間過ぎると一度閉店し、17時から再オープンします

なので17時頃までどこか行こうということになり・・・




下蒲刈島の方へ行ってきました

今年の竹原旅は去年の反省を活かして全ての移動時間や待ち時間を計算して

時間をフルに使ってやりたい事を全部してきました。

特に1000円札を切らさない、小銭も切らさない ←ここ大事


ですが下蒲刈島についてはリサーチしてなく・・・

広駅から出てるという直通バスの時間表は一日で6本くらい

しかも11時の次の便が16時て。

その時まだ14時ごろ

仕方なくタクシーでいってやりましたよ

タクシーのおっちゃんと談笑しながら下蒲刈島へ

その途中で有料橋を渡るんですが片道700円

僕はそこで降りますが、おっちゃんは広駅に帰らないといけないので

おっちゃんの帰り代の700円も払わないといけないのです

結局4000円弱払ったのかな、痛い出費です

そこで僕の千円札は底を尽きたのでした ←ここ大事

P1020091.jpg
大金払って来たからには楽しまないとねーってことで

観光しながらとりあえずバス停を探します。

おっちゃんいわく帰りのバスがある時間帯らしく(それでも1時間後だが

帰りはそれに乗って帰りーな~と教えてくれました

P1020097.jpg
美術館の子庭です

綺麗だけど誰も人おらんぞ??

P1020103.jpg

P1020104.jpg
回ってるところはアニメの舞台の場所ばかりですので

本当に歴史的価値の高い所は回りきれてないです

バス逃したらほり川閉店しちゃうので。

P1020109.jpg
白雪楼は何回か建て直しの歴史があるらしく

最初は京都、次竹原、さらに次がこの下蒲刈島だそうです、たぶん

P1020113.jpg
見学料300円を払って ←あれれ?

お抹茶を頂きながらのんびり

P1020125.jpg
この茶室には壁?が回転するどんでん返しってのがあります。

なんだかとても珍しいみたい

P1020129.jpg
2階に登ります

P1020130.jpg
ここからの背景もまた格別だったり

P1020133.jpg

P1020142.jpg

P1020153.jpg
そんなこんなでバスの時間です

島に別れを告げてバスに乗り込むえだのであった



後半へ続く



COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。