まとめ よっつめ

ラスト記事やっと書く気になりました

超ダラダラ長く書いたので面倒な方は最後らへんだけ読めばいいよ









ブログ上で日本一周やる!って告知したのは去年の一昨年の3月18日

そこからお金貯めたり自転車買ったり色々頑張った

ちっぱさんとかのブログで新旅人と宣伝してもらったりして嬉しかったなぁ

実際に出発できたのはそれからずっと後だったけどw




そのお金貯めている最中ずーっとモヤモヤしてた事




「これは現実からの逃げじゃないのか?」




本来恥ずかしいことだけど書いてしまう




中、高校といろんな要因はあったにしろまともに通えなかった僕

高校は入ってすぐ辞めて通信に通わせてくれた

その後製菓の専門学校へ進学

そこで人生初めて心から付き合い続けたいなって奴らと友だちになれた



初めての楽しい学生生活、楽しい放課後

一緒にケーキ屋へ勉強に行ったり、遊びに行ったり

そして先生の紹介で2年目の夏に1ヶ月研修に行ったりもした、大阪の有名パン屋だった

そして就職もその店に決まり、残りの学生生活を楽しんでた

そういやヨーロッパの研修旅行とかも行ったなぁ。。。懐かしいw



そんな学生生活とも終わり



夏に研修した店で働き始める

朝1時に仕事が始まり、夜に仕事が終わる

現場に入ってする仕事は学校の経験なんてなんにも役に立たなかった

一気に現実に引き戻された

シェフに言われた一言

「これは現実だよ?夢の中じゃないからね」

製菓学校に通ってそのまま生涯働き続ける人なんて数%しかいない

でも都合よく自分は違うだろう!自分は大丈夫!って思ってしまうんだよね



その後色々あって結局辞めてしまい

自分の履歴書に傷を付けただけになってしまった






仕事が怖くなってしまった




現実逃避してた日々が半年続き

年末バイトで稼いだお金でダホンのミニベロを買った時期から元気になってきた

そしてミニベロであちこち走りに行くようになった



知らない土地に行くのはなんでこんなにも楽しいんだろう



いつの間にかそう思うようになって日本一周への気持ちが大きくなっていきました

日本一周をした方、これからする方と積極的にアタックして情報を集め、お金も貯めた

ワクワクしてる!すっごいしてるけど



このお金を日本一周に使うのと、就職先を探して新生活に使うのとどっちがいいのだろうってずっと悩んでた

そのピクリともしない天秤を眺めていたらあっという間に出発日に





僕の旅は悩みを解決する前に出発してしまいました




この旅で得たものが少なかったら僕はこの1年半を無駄にするんじゃないか、とか

旅を終えた後本当に就職できるのか? 旅をしたからって1ヶ月でパン屋を辞めた事実は消えないぞ

そんな事を最初の数日ずっと考えていました


今からでも遅くないんじゃないかって悩んでた





そして4日目にぶっ飛んだおっちゃんに会った

P1040230_20140125032323c34.jpg
黒坂さんです

僕の旅の中で会った人で「」という言葉が似合うのはこの人だけ

と言うか存在そのものが

色々勇気を貰いました

情けない相談とかもした、でも熱く返してくれた

こんな人が上司だったらいいのになぁとか思いつつ数日一緒に過ごしました



一緒に過ごせる最後の日



大事な事を教えてもらいました

旅の質を上げる秘訣

自分だけの旅にする秘訣

生涯役に立つ秘訣



これから毎日

知らない土地に行って

知らない人に出会って

知らない空気を吸って

知らないトラブルにも会ったりする

そんな毎日アウェーに行く旅を充実した物にする大切な事です




「あいさつ」




こっちから挨拶することで相手との壁が崩れる



でもちょっと足りない



さらに満面の笑みも足してあげよう



あともうちょうちょっとだな



もっと心の距離を近づけよう



これだけで旅は上手くいきます

旅先で会えた老若男女すべての人に常に全力でアタックしました!

初めて会った人でも気に入ってもらえれば色々教えてくれる

人と話せば話すほど自分が成長している気がする

特に自分より年上の方は知らないことをたくさん教えてくれる!

どうやら僕は人の話を聞くのが好きらしい




人間の質ってものはどれだけ多くの人と心を近づけて話したかだと思う



逆に人と話すのが嫌、聞きっぱなしは嫌

そういう人は日本一周しても何も吸収出来ないと思う

旅は一人で気ままになんて無理だからねw

毎日いろんな人が話しかけてくれるから



長話すると目的地に間に合わないなら、どっか手前で野宿すりゃいいじゃん

目的地に着くことを考えて人との話を切り上げるのは損だよ

話せるだけ話そう

その人とはもう会えないかもしれないし、もしかしたら生涯の友達になれるかもしれない

そんな事を考えながら旅をしてみてね




20140109152405893_20140125034608574.png
そういう事を意識して旅をした結果が顔に出てる

僕の旅は得たもののほうが多かったようだ




、、、いや

まだ分からんかな

それはこれから長い時間をかけて分かっていく気がする




でも自信は付いた






旅で好きになった言葉



「なんだかんだ死なない」



出発翌日の滋賀県で軽トラに轢かれたり

親不知で死にそうになったり

北海道のトンネルで死にそうになったり

夏の炎天下で水なしで走り続けて倒れそうになったり

信号待ち中にいきなり意識が飛んで倒れたり

立ちゴケして車道側に転んだり


なんか色々あったけどなんだかんだ死なない


あんだけ無茶やって死ななかったんだから

仕事で辛いくらいで死にゃせんわ

そんな自信ができた




僕は社会人という第二の旅へ飛び出そうとしてる

今はまだ何をしたいのか分かんないけど、今なら頑張りきれる気がする

このブログで就職の報告とかできたらいいなw



中高校と不登校が続いたヤツが旅を経てこんなに立派になりましたよと



相変わらず不安でいっぱいだけど死にゃせんわw

頑張りましょう







ちなみに今はカメラマン業界に興味があるねー

カメラは大好きだし仕事にできるならいいかも。。。

どっかのスタジオでアシスタントに入れたらいいな



※追記
実際カメラマンになりました
旅終わって翌月から働き始めて今も(追記2,016年4月現在)働いております。










あ、ちなみにブログは終わりませんよ?

普通の不定期ブログに戻りますので、ブログ村への送信は切ります

やっぱ黒背景の方が目が疲れなさそうだなぁ。。。テンプレ戻そうか悩むわ




なんか読み返してたら恥ずかしくなってきたなwwwwwwwwwwww

いいやw投稿しちゃえーwwwww

死にゃせんわwwwwwww

COMMENT 6

けーやん  2014, 01. 25 [Sat] 04:25

あのとき会ったえだのさんは
自身に満ち溢れているというか、
凄く頼もしく見えましたψ(`∇´)ψ

Edit | Reply | 

えだの  2014, 01. 25 [Sat] 21:22

No title

あの頃は特に不安は無かったなぁ。。。
なんでもなんとかなると思ってた

Edit | Reply | 

流浪  2014, 01. 27 [Mon] 07:20

No title

はじめてコメントさせていただきます
えだのさんが日本一周してる頃、たまにブログ見させてもらってました。

僕もえだのさんと同じくらいの年齢なんですが、今日本一周するか悩んでます。アルバイトする以外はほとんど引きこもりのような生活していて、ただでさえ空白期間でやばいのに、このまま日本一周するなんて空白期間延ばすだけで無駄なんじゃないかと。

さっさと就職して、ある程度社会人としての常識とか、そういう今やるべきことをしっかりしてお金貯めてから数年後に日本一周するべきなんじゃないか・・・とか。答えの出ない日々です

まあ、何が言いたいのかというと・・・
とにかく、えだのさんのブログ記事読んで元気もらったということですw

まあ、人生なんとかなりますよ!(適当)


Edit | Reply | 

えだの  2014, 01. 28 [Tue] 16:57

No title

流浪さん
その旅は今じゃないといけないのか、今じゃなくてもいいのか
しっかり考えて選んでくださいね

けど、旅を通じて学べるいろんな事は
早いに越したことはないと思います

Edit | Reply | 

よしぼ  2014, 01. 28 [Tue] 22:40

No title

またまたコメントします。よしぼです。
この告白がすべてだなと思いましたよ。
旅で自分に自信が付いたんでしょーね。
自分を客観的に見れるようになって、自分の意志を確認できたという感じなのでしょうか。
年取っても自分のことってわかんないもんだし。
そういう経験できたのはおっさんから見てうらやましいです。

写真の仕事、向いてそうだね。

Edit | Reply | 

えだの  2014, 01. 29 [Wed] 01:04

No title

よしぼさん
旅の最初の頃は自分の過去がコンプレックスで人に伝えたことなんて殆どありませんでした
今ではブログで記事にできるほどに(笑)

カメラマンがあっているのかなんて分かりませんが、
向いていようが向いてなかろうが目指してみます
カメラが好きなのは事実なので。

Edit | Reply |