夙川散歩

twitterでチラっと呟いていましたが、

僕の働くハナヤ勘兵衛にて年に二度あるイベントの一つ

カメラショー」がありました

今回の目玉はD4sと645Zでしたねー

実は中版カメラを触ったのは初めてでかなり興奮してましたw



期間中にお客さんから出品を募ってハナカンオークションなるもの毎年の定番で

オークショナーが居るようなガチのやつではなく、最低価格以上で、希望の価格を書き込んで箱に突っ込んでおく

そういうやつです。

最終日終わっての開票まで、スタッフも結果は分かりません



実は僕もこっそり入札してたんですよね

僕以外にも入札は居たんですが、ちょうどいい額を入れれたみたいで、アルチザンのカメラバッグをゲットしました♪

美中古ですが、定価3万弱のを9000円でゲットできたので嬉しかったな^^v


2日あったイベントのうち初日は夙川へ、撮影会があったんですが

僕は仕事で抜けられなかったため残念な思いをしました。。。


ので


行ってきました。











いつもどおり、Nikon FM2に50mm

ISO400 24枚×2




今回は○だけ

その代わり今回は特殊なクリスタル紙で4PW伸ばしてみたりと楽しんでました

まぁネットに上げる分には関係ない話なんですが。

大体夙川駅から苦楽園口駅の間ですね

000001_201407032110306c7.jpg
若干後ピン

000002.jpg
気合入れて川の中入って撮ってました

000004.jpg
紫陽花とおじさんを入れて絞って撮ろうと思ったけど、紫陽花が枯れ気味で綺麗じゃなかったので、

F5.6か8くらいでボカして撮った

000003.jpg
今回だと一番この写真が良いみたいです。





最初の猫と電車の写真は作品としては弱く、要素が少ない

ただ、猫の写真

ただ、電車の写真

電車撮るだけやったら鉄ちゃんやん?って言われちゃいました\(^o^)/

いや別に鉄ちゃんがダメな訳じゃないですけどね

僕の目指すのはそれじゃないのを先生は知ってるので教えてくれたんだと思う


例えば、猫の横におばあさんが座ってたり、椅子の下から他の猫が顔を出してたり、

電車の皮の下にサギがいるとか、ありえんけど電車の窓から子供が手を振ってるとか


もっと周囲に目を配れば、何か大事な要素に気づいたかもしれないのに

これはイケるーって思って見なかった結果、大した写真にならなかった



紫陽花とおじさんは気に入ってます。

紫陽花が綺麗に咲いていれば、もっと絞って撮るんですが

その場合三脚が必要だったはずなので、やっぱりアノ状況じゃこの写真がベストだったかも。


4枚目
先に親子二人で進んで真ん中で待ってて、下の子供が必死に石を渡ろうとしてる

こういうストーリー的な物が作品の中には必要みたいやね

親子の後ろの川には緑と人が水面に反射していたり、ほどよく水紋があったり、、、

この写真は好きです


50mmの画角は色々と勉強になるね

COMMENT 3

サト  2014, 07. 04 [Fri] 09:50

No title

レベル上がってる気がする!
確かに4枚目のは風景と人物の一体感がある気がする!
ヒトとかモノだけを撮るなら風景いらないし、
逆に風景を邪魔するヒトとかモノならいらないし、
バランスが大事になってくるのかな?

ヒトもモノも風景に溶け込む感じ?!
良いこと言った俺。

ケーキの盛り付けに似てる気がする!
足し引きみたいな。

Edit | Reply | 

えだの  2014, 07. 04 [Fri] 11:40

No title

さと
盛り付けも写真もなんでも
要素+要素+要素=1 が理想なんだよね
0.8でも、1.2でも無く

Edit | Reply | 

サト  2014, 07. 07 [Mon] 05:45

No title

なるほど
シンプルやな

Edit | Reply |