定期六甲

自分の成長の確認にはもってこいの六甲山

Grandprix TT交換記念に登ってきました

珍しく2日連続更新(来週は休みないし\(^o^)/)













そしてゴールだよ







IMG_20160306_124323.jpg
山頂付近は強風が吹き荒れていました

ですが、気温的には風が吹いていて丁度いい感じでしたね

IMG_20160306_124914.jpg
肝心のgrandprix TTですが、

常時10%前後の急坂のためよく分かんなかったっすw

いつもより転がっている感はあるんですが、速度に反映されているかというと。。。

少々疑問が残ります


ですが、下り区間の安心感は4000SⅡと大差ありませんでしたね

まぁそもそも僕は下りで攻めたりはしないので(選手じゃないし危ないし)

楽しく下れるスピードの範囲ではグリップに不足を感じたりはありませんでした。

六甲山自体路面状況はまぁまぁ良いのですが、

ブラインドコーナーの先に浮き砂があったりするとどうなってしまうか分かりませんね

そんな状況だとどんなタイヤでも滑るかもしれませんが。


IMG_20160306_125535.jpg
登っていて思ったんですが

僕はレーゼロカーボンを有馬街道(蓬莱峡)のタイムを基準値クリアで購入する予定でした

ですがよ~考えたらあっちは信号があったり、下り区間で前の車にブロックされたり(TTなので下りで攻める必要性もある)

実力が発揮しづらいので、信号区間の無い六甲山の 甲寿橋→一軒茶屋 のルートで30分切りを目標に頑張ることにしました。

ちなみにその区間
甲寿橋→一軒茶屋
距離6.8km 平均勾配9.2% max16.1% 獲得標高618m


はい、キツイっすw特に宝殿ゲート手前


んで今回のタイム

35分20秒 11.7km/h

あれ、、、5分短縮キツくね?



な、、なんとかなるっしょ(震え声)

一応13.8km/h以上のペースで走れば30分切れる計算になります。


強豪ローディは逆瀬川から一軒茶屋までのルートでタイムを競っているそうですが、僕にはまだ早いということで(信号あるし、、、)




下りの直線区間では前からやってみたかったエアロポジションを試してみたり

i320.jpg
世界戦でのサガンの攻めを見てからずっとやってみたかったんだよね(画像は古い)

あのアタックはロードバイク知らない人でも是非見て欲しい



3月の連休は何をしようかな。。。

COMMENT 0