チャリ旅_ちょこっと内陸編 3/3

はい、三日目です

はい、ちょっと寒かったです。

そりゃそうですよね、営業時間外に暖房か効いてる訳無いです


この日は色々ありすぎて色々ありすぎました。。。。



※画像多めです







GR000299.jpg
床で寝ました。

起床後も例によって気温が上がるまでカウンターで寝てました。

GR000300.jpg
かなり気合を入れてストレッチして出発しました。

疲労は有るけど筋肉痛は無い

GR000303.jpg

GR000306.jpg
のどかな道を進みます。

GR000310.jpg
今日は踏める平坦でもインナー縛り

まぁ平坦なんて無いんだけどね

先は長いから足を残しつつのんびり進みます

白樺湖の方へ抜ける道は152号線か40号線のどちらか

GR000311.jpg
152号線は交通量が多そうだったので40号線を選択

どっちにしろず~~っと登りです

GR000312.jpg
案の定交通量は少なかったんだけど補給ポイントが一つもない!!!

その状態でこの暑さ!あつすぎる!!!!!!!!!!!

ボトルの中身がカラになってからも自販機を求めて走り続ける

おかしいな、、、朝アクエリ補給したばっかなのにな・・・


GR000314.jpg
ひたすら登り続けてるとこんなのぼりが

GR000315.jpg
待ちに待った補給地点、、、なんだけど

右折し2キロ先の牧場までどうやら下りのようだ

・・・・・

スルーし先へ進みます

GR000316.jpg
ひたすらこんな感じの道

日陰がないから休めない

GR000317.jpg
さらに進むとなんとも魅力的な看板が見えてきました

店舗も目の前!

GR000318.jpg
今は放牧してないのかな?牛はいませんでした

GR000320.jpg
牛乳大とソフトクリームを注文!

牛乳嫌いな僕ですがそんなこと言ってられませんw

GR000322.jpg
補給で復活した体は見違えるような力を発揮しながら登り続けます

GR000323.jpg
そして一旦の頂上をパスし下り

GR000324.jpg

GR000325.jpg
白樺湖の町へ到着

GR000328.jpg
さぁ霧ケ峰へ登る前に腹ごしらえしましょう

GR000327.jpg
天麩羅そばおいしゅーございました。

ガッツリ休憩してこれから登るぞー!!!!

ってところで





右直事故

ででーん!えだのー!あうとー!!

T字の道路で直進の僕の事が視界に入ってなかったのか見事にコツンされまして

タイヤが見事にバーストしてしまいました。

自走不可になってしまったので、轢いたおっちゃんに諏訪の自転車屋まで連れてってもらってタイヤ交換

その後霧ケ峰山頂付近まで送ってもらいました。


細かい話は省略しますが、僕も動いていたので7:3か8:2くらいなんですかね

連絡先交換しあって色々おしゃべりしました。

もう終わった話なので事故の事はどうでもいいんですが、今となっては思い出の一つですね




GR000339.jpg
んで霧ケ峰山頂付近からスタート

僕のイメージの霧ケ峰って夏だったんですねwwwwww

あたり一面茶色の世界でしたわwwwwいや、景色最高にいいですけどw

0b32d7866cd77b714d2ddaae969ef912.jpg←僕のイメージ

GR000343.jpg
でも非常に気温もちょうど良く、夏ならもっと気持ちいいんだろうなぁ。。。

GR000342.jpg
こういう開けた所で28mmは難しい

渋峠と大きく違うのは路面があまり良くない!

霧ケ峰越えた後の道は特にひどかった・x・

GR000346.jpg
さぁ安全運転で下りましょう

この後は20号線で田舎の韮崎へ向かう予定だったんですが、

あまりの道の狭さ&路面の荒れ&交通量に嫌になったので


i320_20160505143059ad2.jpg
ちの から特急あずさで輪行にしました。






GR000351.jpg
画像こっちだった

GR000353.jpg
なんとか日没直前に祖父母の家にとーちゃく

これにて久々のチャリ旅は終りです

GR000358.jpg
わりとトラブル続きでしたが、これも旅の醍醐味

少々大変な方が思い出も色濃く残るのですよふぉふぉふぉ



今回スカっと晴れた日は無かったんですが、そのような気候の中でも正確に描写してくれたGR2は優秀だと思います。

記憶色ではなく本来の色しっかりを残してくれるこのカメラは僕にとって手放せないものになってしまいました。

COMMENT 0