松岡氏鬼引(手加減)アワイチ

お世話になっているショップのお客さん主催アワイチライドに参加してみました。

前情報では

「お年を召した方もいらっしゃるので、のんびりだと思いますよ~」

と、私は聞いておりました。

なので心拍計も付けず、のんびりと写真たくさん撮って楽しもうと思っていたたんです・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



GR001156.jpg
AM5時半 リンリン駐車場集合

ほとんどの方が初顔合わせ

RideWorks木曜夜練のランで一緒になったことがあるYさんを知ってるくらいかな~

GR001154_201704241436418c7.jpg
お客さん主催ですが、ショップもサポートカーを出してくれました、ありがとうございます。

GR001158.jpg
僕は車を出してくれたYさんに行きも帰りもお世話になることに

車中の会話で、「化物が来るから楽しみにしといて~」と教えていただきました

この時は他人事だと思ってそこまで気にしてなかったんですが、、、

GR001161_20170424143638c33.jpg
自走メンバー待ち

GR001163.jpg
風が冷たくウインドブレーカーを着ている方が多かったですね~

朝方と昼過ぎの気温差が激しいです

GR001167_20170424144430a51.jpg
愛車を撮影していると、自走組が到着

GR001168.jpg
あの只ならぬオーラにネコも様子を見に来たようです

そう、真ん中のエアロヘルメット


名称未設定 1
「Festive500トップは狙ったら取れる」
「六アイ周回してたら確実にとれるけど瀬戸イチ(600km)してくるわ」

などの名言を残してらっしゃるあのお方

松岡氏






そして、班分けをするとのことで全員集合

速い方からA、B、C班と三班に別れるそうです。







「A班は松岡さん、○○さん、○○さん、○○さん、○○さん、枝野さん」



枝野「アレッ??」


Rideworksのお世話になって2年弱になりますが、

ショップの方と走ったことがないので僕の走力はまったく分かってないはず・・・

そんなヤツをこんなグループに突っ込むなんてどうかしてるぜ・・・・

GR001173_2017042414443371e.jpg
早くも僕の表情が引き攣る



松岡氏「時間調整のため、とりあえずA班は花さじきまで登ります」

地獄の始まりである

GR001175.jpg
とは言うものの、登坂のスピード自体は割りと抑えめで走ってくださっているようです

GR001176.jpg
花さじき到着、開園前だったので外で記念撮影

GR001177.jpg
花さじきからのダウンヒル後、嫌な予感がしたのでウインドブレーカーを脱ぐ

こっから洲本まで40km/h巡航、今を思えばここもかなり手加減してくださっていたようです。

GR001178_2017042415282444d.jpg
洲本のコンビニで休憩

先行していたB、Cグループに追いつきました

追いつくはずじゃなかったんですけどね。。。ペースが早かったようです

補給を済ませて出発

GR001179_2017042415282639a.jpg
水仙郷の坂も松岡さんをぴったりマーク

後ろが次々千切れていく

もうすぐ登り終えるというところでまさかの足攣り

今まで経験のなかった高速巡航にびっくりした脹脛に力が入っていたようです・・・

ペースがガクッと落ちた僕を追走が追い抜いていく・・・悔しい

GR001180_20170424152828a90.jpg
問題はこの後、今日イチ辛かった区間

GR001182.jpg
立川水仙郷を下った後一度集合して再出発

長い直線区間でやることと言えば、、、おわかりですね

GR001185_20170424152830306.jpg
次の目的地「地野集落センター」までのロードレース


最初に親子ペアが集団から飛び出して行き、10秒後にはリアクト乗りが先行ペアにブリッジを掛けます


ブリッジ成功と思いきやそのまま先行、飛ばしていきます


集団は先行ペア二人を吸収、そのまま松岡さんの引きで単独逃げを追います


灘黒岩水仙郷の辺りで逃げていたリアクトを吸収

気がつくと集団崩壊、少人数でそのまま逃げ切りが見えてきました。

この時のデータ

名称未設定 2
平均速度41.8km/h 最高速 51.1km/h 区間順位26 /3699

1mでも車間を開けるとそのまま置いて行かれそうなので、松岡さんのスリップストリームから外れないように喰らいつく

だんだんと視界がモノトーンになっていきましたw ひたすら前引いてもらってるのにかっこ悪いね

灘郵便局の辺りから足がピクピクと攣る傾向が現れ、失速して少し遅れた状況で集落センター前の急坂へ

また、ペースが落ちた僕を追走が抜いていく

この日の松岡さんのペーシングの場合、平坦より坂の方が付いていくの楽だったんですよね

でも、足の痙攣が止まらずついて行けなかった。悔しすぎる

勝負どころで足が残せなかった




地野集落センターで3グループが一旦集まった後、Aグループは時間調整のためホテルニューアワジの展望台へ

こちらは傾斜がゆるく、松岡さんもゆるく走ってくれました。

僕はここぞとばかりに質問攻め、松岡さんも丁寧に一つずつ答えてくださり大変勉強になりました

GR001186.jpg
4度目のアワイチですが、ニューアワジに昇るのは初めて

GR001188.jpg
記念撮影をして出発

GR001189.jpg
本日は終始風も強くなく、フォロー気味の風なのでだいぶ救われました。

ちょっとでも風向きが変われば早々に千切れていたでしょう

GR001190.jpg
常に松岡さんの後ろをキープ

平坦巡航、ヒルクライムのペダリング、ダンシング

コーナのライン取り、ダウンヒルの重心位置

この機会に何から何まで真似させてもらおう

GR001192.jpg
本日は道の駅うずしおで昼食

アワイチ4度目にて初めてこの道の駅で昼食が取れました(;_;)

ですがGWを外して来たにも関わらず、大変混雑していました。

GR001194.jpg
淡路牛鉄火丼大盛り美味しかったです!もっとお肉多いと嬉しいです!

GR001195.jpg
束の間の休息

GR001196.jpg
では次の集合場所の都志のファミマまで高速巡航

GR001197.jpg
先頭ひたすら引いてる漢の背中は余裕が感じられます

実はLSD程度の強度なのかもしれません・・・

GR001199.jpg
郡家のローソンで最終休憩

Aチームメンバーの顔には僕を含め疲労の色が伺えます

ここで衝撃の発言
松岡氏「じゃー最後は花さじきまで登って岩屋に降りましょう」


GR001202.jpg
平坦ガンガン走った勢いでそのままヒルクライム

GR001204.jpg
ここで足を残しても仕方ないので最後っ屁アタック

松岡さんは後ろの様子を確認しつつ行くそうで僕を逃してくれました

そして最後の登り返しで足がまた攣るwwww

坂の度に追走して追い越していった実業団メンバーが後ろからペースで迫っているのを背中で感じとります

最後だけは負けたくない!!

攣りの痛みとパンパンな両脚を無視してダンシングでインターバルかけてなんとか一番乗り:D

もう動けない・・・脚痛い・・・

GR001206.jpg
残りのダウンヒルも登り返しでも足が攣り、最後尾でゴール

お待たせしました・・・申し訳ない

GR001210.jpg
この後、自走組はそのままジェノバへ

松岡さんは自走組のリーダーとして、おそらく帰りも引き倒したのでしょう・・・自走組南無

輪行組は近くの温泉でリフレッシュ!

GR001212.jpg
このフレームとホイールに今回とても助けられました。

CLX32めっちゃ良いわぁ~買ってよかった(^^)

もっと効率よく走るためにアレを導入します。次回お楽しみに

GR001215.jpg
臀筋、ハム、四頭筋、脹脛、全部攣りました。

とてもいい練習になりました、コレ以上無いってくらいに。

同時に自分の限界も見えました、これからも限界を伸ばしていきます

皆様お疲れ様でした

時間を作って練習会参加させて頂きますので、その際はよろしくお願いいたします

COMMENT 3

はなかんふぁん  2017, 04. 24 [Mon] 20:59

タイヤが赤くない!

Edit | Reply | 

枝野  2017, 04. 24 [Mon] 21:02

足回りがシンプルな方が速く見えそう的なしょーもない理由ですw
最後からから二番目の写真にネコが隠れているのに気づきましたか?

Edit | Reply | 

はなかんふぁん  2017, 04. 25 [Tue] 08:04

>最後からから二番目の写真にネコが
あっ、ホントだ。ネコカワユス。ブログにも書きましたが、ファミマの洲本サントピアマリーナ店にも、人懐っこいネコがいました。拙が近寄っても逃げないどころか、寄ってくるとはなかなかです。

Edit | Reply |